はじめまして、アオバトの谷PROJECT広報担当、ぬいぐるみの「アオバさん」です。

目次

広報担当アオバさん

「アオバトの谷PROJECT」の広報担当をご紹介します。

広報担当アオバさん

ぬいぐるみの「アオバさん」です。

アオバさんはアオバトによく似たぬいぐるみです。あくまでぬいぐるみなので、アオバトとは違って臆病ではないし人前でも堂々としています。

自然を満喫するアオバさん

アオバさんが生まれるまで

アオバさんは、イラストレーター/ぬいぐるみ作家の佐藤穂波さんの手により生まれました。温かみがあり、思わず触りたくなる作品を制作される作家さんです。

honami sato
https://honamisato.com/

広報用のぬいぐるみの制作としてご依頼したところ、快いお返事を頂き、さらにメイキングも公開して良いと許可を下さったので、アオバさんが出来るまでの過程をご紹介します。

1.イメージを伝える

まず初めにこちら側のイメージを伝えるためにラフなイメージイラストをお送りしました。丸いゆるっとした感じで、自立する形でお願いしました。

最初に「アオバトの谷PROJECT」側が提出したぬいぐるみのイメージ

2.佐藤穂波さん側からの提案

1のたたき台をみたうえで、佐藤さんから頂いた提案がこちらになります。

佐藤穂波さんからの提案

悩みどころその1:足をどう表現するか

ぬいぐるみに足をつけると形が複雑になるので、いっそ足を無くして、丸いフォルムにしてしまうのはどうかと提案したところ、佐藤さんより「足のモフモフかわいいのでぜひやりたいです…!」とご意見をいただきました。

アオバトの腿は、ドバト(カワラバト)やキジバトよりもふさふさした毛が生えているのが特徴です。

腿の毛が長くふさふさしている

作家目線から見ても、ここの毛はチャームポイントに感じるようなので、やはり足をつけて、モフモフ感を表現してもらうことにしました。

悩みどころその2:しっぽの模様をどう表現するか

さらにアオバトの特徴はしっぽの後ろの模様。

独特な模様をしているしっぽの裏

ぬいぐるみの裏を見せる場面はほぼないと思いますが、他のハトには無い特徴なので、できることなら表現したい部分です。

刺繍で表現するのはどうかと相談したところ、刺繍では不自然になってしまうとのこと。佐藤さんから、白黒のファーを狩り込んだらそれっぽく見えるのではと提案をもらい、それを採用することにしました。

3.制作過程

以上のポイントをすり合わせて、あとは佐藤さんのセンスにおまかせしました。

こうして完成した広報担当アオバさん

アオバさん完成です。

なにか考えているようでなにも考えていないような、どこかとぼけた印象の、かわいらしいぬいぐるみになりました。これから広報としてバリバリ働いてもらうのが楽しみです。

広報担当アオバさんをよろしくお願いします

他のハトぬいぐるみと共に

今後、写真を通じて、アオバトの谷の現場のことや、ツアーの雰囲気、上野村周辺の観光地や食事処などを紹介してもらう予定です。

どうぞよろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる